英会話上達の秘訣はアウトプットにあり!

英会話習得には「実践」が不可欠

どんな勉強方法で英会話を行っても上達させることが出来ない。
こうした状況が続くことで、「英会話なんて勉強しても無理」とか「能力ないないのでは?」と考えてしまいます。
これは、アウトプットをしていないから上達できないのです。

 

英会話のアウトプットは、ただ音読をするだけではなく、参考文章がない状態で英語を想像して文章の組み立てを行うというのが大切です。
音読でのアウトプットの場合はインプットと同じことで、覚えることで会話をすることが出来ますが、それ以上の会話をすることはできません。

 

インプットは、単語を頭の中に入れる勉強で、並べられた単語をひたすら声に出したり、ノートに書きだすことで自然と覚えることが出来ます。
しかし、英会話ではこれらの単語を文章や言葉にしなければ伝えることが出来ません。
日本人はインプットが得意で、この「アウトプット」がとても苦手な傾向にあります。

 

何十年もコツコツと英語の勉強をしてきたけど、上達させることが出来ない・・・こういったときには今じぶんが行っているアウトプットの勉強方法を見直ししてみましょう。
自然と頭の中で、文章校正ができるようになればスムーズな英会話ができるようになり、一気に上達させることが出来ます。

 

ただ覚える英会話勉強方法をやめて、もっと耳や想像力を生かした方法で行うことが上達のコツです。
上手く話せなくて恥ずかしい・・・と考えてしまうかたは、自宅でマンツーマンの外国人講師のレッスンが受けられるオンライン英会話をはじめてみるとよいでしょう!