小学生の英語勉強【ゴールデンエイジ世代の語学教育の効果】

この時期の活動が一生の財産!

9歳前後の年齢時期のことをゴールデンエイジと言われることをご存知でしょうか?
個人差はありますが、ほとんどの子供が文章を読む、、聞く理解する、そして集中力などがこの年代で完成してきます。
この時期に学習や運動をしっかりしていくことで、一生の財産になるのです。

 

小学校高学年から英語教育必修化に

2011年には公立小学校で英語が必修科目となりました。今までの中学からの必修化では遅いとの見解です。
全国各地の小学校では、英語の指導方法について研究されてきていますが、実際の英会話教育では教科書に沿った学習が多くなってしまい面白みがかけてしまっているのが現状のようです。
地元の話やローカルな話題など色々な形を取り入れることによって、もっと英語に親しみを感じてくるでしょう。

楽しく英語に触れてみましょう!

学外での英語学習の有効性

現在では小学生向けの英語教材も多様化し、注目されてきています。聞くことが重視された教材やゲーム感覚で利用できる教材での英会話の習得は、毎日勉強する時間が短いので小学生でも無理なく英会話力を向上させることが出来そうです。

 

英会話教室に行くのもいいですが、こうした教材を使って家族の中で英会話に親しむ勉強も楽しいかもしれませんね!

 

 

スピークナチュラル

スピークナチュラルは「聞き流すだけ」のタイプの英会話教材です。赤ちゃんが言葉を覚えていく過程をヒントに発音を重視して作られています。ゆっくりとした「スローリスニング」を取り入れており、耳に残りやすい内容になっています。小学生も対象になっている簡単でシンプルな質の良い教材です。

 

 

レアジョブ

家にいながら、英会話講師とのマンツーマンレッスンが可能です。内容は個人個人に合わせられるので、こどもと遊べるような会話をママと一緒にが学んだり、一緒に英会話のやりとりを聞かせておくこともできます。

 

 

ユーキャンスピーク

オンライン上で英語の文法をゲーム感覚で学習することができます。「できた」「できない」などを繰り返し学習する内に英語の基本を身につけることが出来ます。