0〜5歳までの英語【耳の黄金期!乳幼児の英語教育の効果】

0〜3歳の英語

乳幼児期からの英語教育が注目されている中で、その効果が気になる親御さんたちはたくさんいると思います。0歳から3歳までの年代は、日本語・英語に関わらず言葉の周波帯聞き分けることのできる基礎をつくる時期とされています。

 

この時期に語学教育を取り入れることで、様々な音を聞き分けられる「黄金耳」を育てることが出来ます。
素直な耳素直な心を持つ小さいお子様だからこそ、勉強というよりも日常会話の中で自然と楽しく身についていくものです。このような点より、小さい頃からの語学教育というのは効果的であると考えられています

 

3〜5歳の英語

3歳から5歳の幼児期を迎えると、様々な言葉へ興味を持ち始めます。ですから、学習をすればするほど能力として吸収していく時期です。
幼稚園や保育園などでも英語や中国語を取り入れたカリキュラムで指導していたりするほど、この時期の学習というのは将来の基盤となってきます。
スポンジのように様々なことをどんどん自分のものにしていく時期ですので、漢字の読み書きなどだけではなく、英語も一緒に取り組むことで知識をして蓄積させることが出来ます。

ママと一緒に英語に触れてみましょう

乳幼児は、英語に関しての拒否感がなく日本語と同じ感覚で身に着けていくことが出来ます。
それに、どんなことにも興味があるので楽しく学習をしていくことができるでしょう。
遊び感覚で覚えることが出来るので、楽しく学んでいけます。

 

外出しなくてもママと一緒にお子さんの英語耳を鍛えてみてはいかがですか?

 

スピークナチュラル

スピークナチュラルは「聞き流すだけ」のタイプの英会話教材です。赤ちゃんが言葉を覚えていく過程をヒントに発音を重視して作られています。ゆっくりとした「スローリスニング」を取り入れており、耳に残りやすい内容になっています。小学生も対象になっている簡単でシンプルな質の良い教材です。

 

レアジョブ

家にいながら、英会話講師とのマンツーマンレッスンが可能です。内容は個人個人に合わせられるので、赤ちゃんと遊べるような会話をママが学んだり、一緒に英会話のやりとりを聞かせておくこともできます。

 

リスニングパワー

周波数に注目した「聞き流すだけ」のタイプの英会話教材です。ママと一緒に聞き流すことで耳が良い子どもも英語の発音に触れることができます。